ルネサスとDiboticsが、自動運転開発を加速させる高性能かつ、低消費電力なLiDARソリューションをR-Carのみで実現

投稿者:

ルネサスエレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)と、リアルタイム3次元LiDAR処理のパイオニアであるDibotics(本社:フランス・パリ、CEO:Raul Bravo)は、ADAS(Advanced Driving Assistance System:先進運転支援システム)向けLiDAR(Light Detection and Ranging:レーザ光による検出と測距)ソリューションで協業したことを発表します。本LiDARソリューションは、ルネサスの高度な画像処理を低消費電力で実現する車載用SoC(System on Chip)「R-Car」と、Dibotics の各種LiDARセンサーに対応可能なSoC向けソフトウェア「SLAM on Chip™」テクノロジの組み合わせにより実現します。SLAM on Chipは、高性能なPCが必要とされていた3次元のSLAM処理をSoC上で実現し、さらに従来、必要とされていたIMU(Inertial Measurement Units:慣性計測ユニット)とGPS(全地球測位システム)データを使用せず、LiDARのデータだけで、3次元マッピングシステムが実現可能です。SoCとしてルネサスのR-Carと組み合わせることにより、車載システムで実用できる低消費電力、かつ機能安全にも対応したリアルタイム3次元マッピングシステムが実現可能です。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目