BMWが選んだイスラエル発の自動運転(Lidar)センサーには、ほかにはない「強み」がある

投稿者:

自律走行車の性能を左右する、レーザー光を使ったセンシング技術の「LiDAR(ライダー)」。その確保を巡って自動車メーカーの競争が激化している。BMWが目を付けたのは、イスラエルのスタートアップであるイノヴィズだ。同社の技術には、ライヴァル企業のLiDARにはない「強み」があるのだという。自律走行車の開発には、結婚式の準備のようなところがある。どんなにたっぷり時間があっても、やらなければならないことが多すぎて圧倒されてしまうかもしれない。それは結婚式の場合、会場決めや内装のデザイン、テーマソングの選択などである。これに対して自律走行車の開発では、全世界に広がるサプライチェーンの再構築が何と言っても急務だ。

BMWがライドシェアリングサーヴィスの一環として、2021年までに完全な自律走行車を提供すると発表したのは2016年のことだ。当時、時間はたっぷりあると思えたが、もう3年しか残されていない。新しいクルマの開発に7年かけることもある業界だ。BMWがこのほど、レーザー光を使ったセンシング技術「LiDAR(ライダー)」の供給業者との契約に踏み切ったのは、よい判断と言えるかもしれない。

LiDAR企業を奪い合う自動車メーカー
このほどBMWは、自律走行車にLiDARを搭載するため、カナダを本拠とする自動車部品大手のマグナと、そのパートナーであるイスラエルのLiDARメーカー、イノヴィズと契約したことを明らかにした。契約に関する十分な詳細情報が提供されておらず、現時点でBMWがセンシング技術をどう活用する計画なのかは不明である。だが、強力な自律走行車のほか、半自動運転のクルマにも搭載されるとみていいだろう。BMWは半自動運転技術の開発を、テスラの「オートパイロット」やキャデラックの「Super Cruise」などに対抗するかたちで進めている。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目