歯科レーザーが痛くない3つの理由。麻酔なしでできる治療とできない治療

投稿者:

痛みの少ない歯科診療として、レーザーでの治療がよくあげられていますが、本当に痛くはないのでしょうか?レーザーが痛くない3つの理由と、麻酔な苦手な人にオススメの、麻酔なしでできるレーザー治療と、どうしても麻酔が必要になってしまうレーザー治療について紹介します。

レーザー治療にも色々ある
歯科診療で使用されるレーザーには、歯肉の切開、歯の切削、止血、殺菌、鎮痛、創傷治癒促進、歯質の強化、薬剤の活発化など、ざっとこれだけの作用があります。 出力の調整をすることで、幅広い使い方をすることができますが、一つの種類のレーザーですべてまかなえるわけではなく、例えば、虫歯治療に使うレーザーとホワイトニングに使うレーザーでは、レーザーの種類も見た目の形状も全く異なります。 波長の違いによって様々な種類があり、どの種類のレーザーを使っているかは歯科医院によっても異なってきます。

レーザー治療が痛くない3つの理由
レーザー治療が痛くないと言われる3つの理由を紹介します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目