ルーマニアの国際空港向け晴天時風観測用「空港気象ドップラーライダー」を受注

投稿者:

三菱電機株式会社は、ルーマニア航空局から、首都ブカレストにあるアンリ・コアンダ国際空港向けに晴天時風観測用「空港気象ドップラーライダー(DIABREZZA®(ダイヤブレッツァ)Aシリーズ)」を、現地システムインテグレーターである CENTRUL PENTRU SERVICII DE RADIOCOMUNICATII SRL.を通じて受注しましたのでお知らせします。2019年度末に納入する予定です。今回の受注は、昨年7月にフランス気象局から受注したニース・コート・ダジュール国際空港向けに続く欧州で2台目の受注で、国内・海外全体では10台目の受注となります。 当社は今後、欧州を含む海外での事業展開を強化し、「空港気象ドップラーライダー」を含む気象レーダー・ライダー事業全体で、2020年度にグローバルで売上高25億円を目指します。

「空港気象ドップラーライダー」の特長

航空機の離着陸時に乱気流による事故防止のためには、空港周辺の風速や風向きを測定する必要がありますが、従来の電波を用いるレーダー装置(空港気象ドップラーレーダー)では、雨滴や雲のない晴天時は測定ができませんでした。今回受注した「空港気象ドップラーライダー」は、単一周波数のパルスレーザーを用いて大気中のちりや微粒子の動きを捉えることで、晴天時でも風速や風向きをリアルタイムに測定できます。また、高出力光アンプの搭載により、20km以上の風計測を実現するとともに、ICAO推奨要件に基づいた観測距離を十分に満たしています。

受注の背景

アンリ・コアンダ国際空港では、航空機のより安全な離着陸のために、晴天時の乱気流検出用にドップラーライダーの導入が検討されていました。当社が、2015年度から販売を開始した晴天時風観測用「空港気象ドップラーライダー」は、現在までに国内外の空港で計6台が運用中であり、これらの納入実績と高い品質が評価され、今回の受注にいたりました。

「空港気象ドップラーライダー」の納入実績

納入先 納入年度 納入台数
東京国際空港(羽田) 2015 1
成田国際空港 2016 1
香港国際空港(中国) 2016 2
東京国際空港(羽田) 2017 1
アンタルヤ国際空港
(トルコ)
2018 1
関西国際空港 2018 1
北京大興国際空港(中国) 2019(予定) 1
ニース・コート・ダジュール国際空港(フランス) 2019(予定) 1
アンリ・コアンダ国際空港(ルーマニア) 2019(予定) 1

商標関連

DIABREZZAは、三菱電機株式会社の登録商標です。

出典:http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/pdf/0404.pdf

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目