(レーザー関連)核変換研究のための陽子ビーム制御技術を開発

-微小出力陽子ビーム取り出し技術の確認試験に成功-

【発表のポイント】

  • 大出力陽子ビームから微小出力陽子ビームを取り出す場合、通常は電磁石や金属薄膜を用いていますが、ビーム出力が安定しない課題がありました。
  • 電磁石内で陽子ビームと高出力レーザー光を衝突させることで、大出力陽子ビームから微小出力陽子ビームを取り出すシステムを開発しました。
  • 本技術により、J-PARCを活用して加速器駆動核変換システムの研究開発を推進するための一つのマイルストーンを達成しました。
  • 本技術は今後、極短パルス陽子ビームなど、多様な加速器ビーム利用のさらなる発展に繋がると期待されます。

【概要】
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(理事長 児玉敏雄、以下、「原子力機構」)J-PARCセンターの武井 早憲研究主幹らのグループは、実験のニーズに応じた多様な微小出力陽子ビームを大出力陽子ビームから安定して取り出す技術を開発してきました。今回、ビームエネルギー300万電子ボルト(3メガ電子ボルト、3 MeV)の陽子加速器に本技術を適用し、多様な出力の陽子ビームを取り出すことに成功しました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目