土木工事における施工の労働生産性の向上を地上型レーザースキャナ搭載トータルステーションで試行

投稿者:

国交省が公募した建設現場の生産性向上を目指すプロジェクトにカナツ技建工業が代表で応募し、ライカジオシステムズがコンソーシアムに参加

https://leica-geosystems.com/ja-JP/about-us/news-room/news-overview/2019/01/jp_2019_01_24_kanatsugiken

【2019年1月24日東京】
計測テクノロジー業界のリーダーであるライカジオシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:日比孝典)は、カナツ技建工業株式会社(本社:島根県松江市、代表取締役社長:金津任紀)が代表で応募した国土交通省の「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」のコンソーシアムに参加し、地上型レーザースキャナー搭載トータルステーション(以下、TLS搭載TS) Leica Nova MS60を使用した出来形管理の効率化を図る技術の試行を開始したことを発表しました。

本コンソーシアムでは、山陰道の「静間仁摩道路大国高架橋外部工事」における橋台・橋脚のコンクリート構造物を対象にTLS搭載TSを使用して3次元計測を行い、取得したデータで杭頭や躯体の出来形管理に利用します。また、3次元設計データと、完成した構造物をスキャンした3次元データの座標値の較差による新たな出来形管理の方法を試行します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目