(レーザー関連)真皮弾性線維の三次元解析により、 構成タンパク質の存在状態の加齢変化を解明

投稿者:

株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)は、星薬科大学 基礎実習研究部門 輪千浩史(わちひろし)教授との共同研究により、真皮弾性線維の三次元解析を行った結果、加齢に伴い線維の方向性と分布が変化しており、さらには真皮弾性線維の構成タンパク質の存在状態にも変化が生じていることを明らかにしました。これにより構成タンパク質の存在状態がシワやたるみに影響を与えている可能性があると示唆されました。

研究背景と成果のポイント
当社は、シワやたるみが発生するメカニズムの解明や有効なアプローチ方法の開発のために、皮膚の構造や弾力を維持する上で重要な真皮弾性線維をターゲットにした研究を重ねてきました。真皮中に三次元に分布する真皮弾性線維の存在状態と、その加齢変化を詳細に理解するには、ヒト皮膚における立体的な線維構造の把握が重要と考えました。そこで、若齢皮膚(30代)と老齢皮膚(70代)について、真皮弾性線維の主要構成タンパク質であるフィブリリン-1とエラスチンの三次元解析を実施し、それらの加齢変化の可視化に成功しました(図1)。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目