有機化合物初の5価陽イオン・芳香族最小の4価陽イオンの生成~フェムト秒レーザーの活用によって~

投稿者:

大阪市立大学大学院理学研究科 前期博士課程修了生 北庄司 暉浩(きたしょうじ あきひろ)、八ッ橋 知幸(やつはし ともゆき)教授の研究チームは、芳香族フッ素化合物にフェムト秒レーザーを照射することで、有機化合物では初となる5価陽イオンを生成することに成功しました(成果1)。 また、同研究チームと大阪府立大学の藤原 亮正(ふじはら あきまさ)准教授との共同研究により、芳香族化合物では最も小さい4価陽イオンを生成することにも成功しました(成果2)。 フェムト秒レーザーを用いることで、有機化合物陽イオンの価数の最大値を49年ぶりに更新および 芳香族4価陽イオンについても分子サイズの最小値を34年ぶりに更新しました。

成果1は、2019年10月1日(火)発行のElsevier社 物理化学専門誌Chemical Physicsに掲載されました。成果2は、2019年10月2日(水)に日本化学会の速報誌Chemistry Lettersに著者最終稿がオンライン掲載されます。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目